やっぱり夜勤中。先月はよく遊んだ。

一応、3月限定で遊び、しかもお互いの都合もあって月半ばからという短い期間で4回飲みに行き、1回フットサルをやるという今までは考えられない遊び方をした。
結果、風邪をひき、今でも喉がガラガラなワケだが、後悔は全く無いくらい楽しかった。

「LINEってこんなに使うのか...」と思ったね、こりゃ若者には必須ですばい、と。
使い方を若い女の子に教えて貰うのを愉しむ、というおっさんそのものの行動もしましたね。
「なんでスタンプ1個もないんですか~!もう!こう買うんですよ!なんでコインも無いんですか!」
「い、いやぁ、あんま使わないから...フヒヒ。ブコォ!ブコォ!」
的な。

何スカね。超楽しかったッスよ。
なんでこういう事しないで家で一人でギターなんか
弾いてたんすかね。
そんなことばっかで15年経っちゃったのに、今更にでも混ぜてくれたイケメンの後輩には感謝しかない。
中途半端に貯めた120いくらか万円でわかりやすいブランドものでも買って、しばらく遊んで、その後はまたその思い出に浸りつつ引き籠もってギターを弾いてるのもいいのかもな。

まぁ遊び終わった今、またデジマートでヤマハのパシフィカとか検索しちゃってるんで変わらないんすけどね。


とかまた夜勤中に書いてたら、Twitterで、最後にやってたバンドのツインギターの相方が亡くなったって流れてきた。
なんも言葉出てこない。
rest in peaceとか絶対言えない。

同時に辞めて、何年か経って私は就職して、飲みに行って、夜勤中にこんなこと書いてる。彼は違うバンドに加入して、立派にアルバムまで出してたらしい。バンドからの正式な発表としてはさっきだけど、2ヶ月位前に亡くなって、全部済んだから発表したって。

バンド辞めてからの連絡は全部無視して、ライブハウスで1回だけ会ったけどすぐ帰った。

彼のギターが好きだったなんて嘘は言わない。
バンド辞めてから一人でジャズギターを習ってた時期には仮想敵にすらしてたかも。
たかだか2年にも満たないくらいの時間。
でも、今「いや、今まではフラフラバンドやってたんすよ~」なんて言えるのはその時のおかげ。
青春って言えるほど若くもなくて距離をとってた。

なんも言えない。
辞めてるから追悼なんちゃらすら出来ない。
喧嘩すらしない別れ方だったと思う。
なんとなくTwitterはじめて1年くらい。
興味があることをフォローしてったらまた微かにでも繋がった。
そこそこ飲めるようになってたから、久々にライブハウス行って飲もうかな、とか考えてたとこ。
貯めた金でしばらく海外でも、って考えが現実味を帯びてきて、じゃあ逆にしばらく金の心配せずに音楽も出来るんだよな、とかの考えもよぎったりしたこの頃。

これはドラマチックな人生の転換期なんかじゃない。偶然夜勤中にTwitter開いたらリアルタイムに流れてきただけ。
追悼もしない。彼の魂なんか継げない背負えない。
もう音楽をやってない。

喉ガラガラだけど煙草2本貰って吸った。
いつもと同じ味。
ドラマチックな事は起きない。
朝に夜勤が終わって、夕方起きて歯医者の予約が入ってる。
涙も出ない。
でも胸の辺りが変ではある。
今日2人体制の夜勤でよかったかも。寝ないでずっと喋ってる。
迷惑かもだけど付き合ってくれてる。

締めに一言とかも無理だ。終わる。

斜に構える

非常に面白い経験でしたね、機会があればまた。

なんてシレッと言って終わりならこんなにグチグチ書いてないわけで。

ここ数年は自分の事で手一杯で、オマケにクソほど体調崩してメンタルも壊して、どうにもなんないまま一人で過ごしてきた私には、異次元過ぎましたよ。

異次元とかまだ斜に構えてるね。
久々に女の子とくっついて一晩過ごしたら、「一人で生きていく」みたいなのがあっさり飛んだっていうか。
モテないから逃げました、だもんなただの。

「何も努力してないんだから結果出なくても当然じゃん」
と、音楽や仕事には言えて、恋愛に言えないのはおかしいよな。

まぁ続いてるんですが

長かったんじゃねぇかと思ってまとめたけど、まぁ終わってないです。

なんか、いやー、楽しかった、んだよねぇー、ホント。

イケメン後輩とお互いに「俺だけ盛り上がっちゃって大丈夫かな、って思った」って感想を持てたっていいなって。
「でも携帯の動画観たら先輩のが全然盛り上がってましたね」と笑われましたが、完全にそうでした。

でも一夜限りっつーのは俺は寂しいけどなぁ。

あ、単純に友達が欲しいんだな俺は。

私はピッチに乱入したファンかなんかだったんだろう

来月15日まで大学は始まらず、今月は有給をとる月ということで、今までは一切行かなかった飲みのお誘いに今月限定でチョコチョコ行っている。
特にこの前は、遊び慣れたイケメン後輩と朝までということで楽しみだったんだけど、予想以上に楽しかった。
いろんな所に行って、いろんな人たちと話して、最後は若い女の子といちゃつきながら朝までカラオケ。
最高でした。
連絡先は聞けたものの、次の日LINEしても既読にすらならないのはまぁこんなもんなんでしょう。おっさんと仲良くカラオケしてくれただけで嬉しいですよ。

しかし、こういう楽しいはずの日々を捨ててまで15年以上やってきた音楽というモノを、私は本当に好きだったんだろうか?
と、ここ数年つい考えてしまう。
普段の生活を考えると、ライブに行かなくなったことを除けば誰が見ても音楽好き以外の何ものでもないと思うんだけど、youtube観て、Twitter見て、楽器屋、CD屋、本屋、ずっと変わってないんだけど...。

ほとんど聞いたこともない湘南ノ風とかをカワイイ娘と肩組んでテキトーにガナッてたこないだのが、かなり楽しかった事の上位に...というかバンドやってた時のほとんどの思い出より楽しかった、むしろ音楽体験としてベストいくつなんじゃねぇか...?って考えると本当に訳がわからなくなる。

「連絡が取れないのは私が何か悪いことをしてしまったのだろうか?」などと、グチグチ考えていたのだが、思い出してみるとむしろ求められてるのに「次でいいや連絡先聞いたし」と余裕こいてたのがダメだったっぽいし、二日酔いが抜けて弁当二つ食ったらわりと大丈夫になり、後輩がシレッと撮っていた動画で皆満面の笑みだったのを確認し、ほぼ大丈夫になった。

ライブで客をあんなに笑顔に出来た事なんてなかったよな、たぶん。

まぁピッチに乱入したら意外と選手に良くしてもらって、でも結局警備員に連れていかれた的なことですよね。

たぶん、前に書いた時も夜勤中だった。

タラタラとこんなことを書いていられるのは夜勤中くらいなのかも知れない。
普段から二時三時にしか寝ないので、いくら楽な夜勤でほぼ寝ていてオッケーでも眠れない。しかも明日は休みだから体調不良でも構わないし。


先日ひょんな事から、飯ついでに軽く飲んでチャッと帰るハズが、気がつくと4軒目でガンガンに音楽の鳴るパブというかクラブというかな所でベロベロになって終電で帰ったんですが、楽しかったね。
異文化交流って感じだけど。

普通に働いてたら安いと感じる額の酒だから奢るのも躊躇ないし、だからといって本気で口説くでもなく。楽だし。斜に構えてられるほど余裕も無かったから、パカパカ飲んで無理にでも輪に入ってったしね。

いや、でもほぼ遊び慣れた後輩任せだったから、斜に構えてんのかな。次の日仕事で終電で帰る事も頭にあったし。

もう一度、今度は朝まで飲む約束を後輩としたけど、その後はたぶんもう二度と行かないと思う。楽しいけどね。

でも同じ夜にNapalmDeathやEyehategodが来日公演をやってたんだよ。
次の日にぼんやりと休憩時間にTwitterに上がった感想を見てると、心底嫌になる。
発表された時は一瞬超盛り上がって、でもいまさらって、希望休も出さずに「あーやっぱりその日仕事か」とかいって。
チケットの倍以上の金使ってパリピごっこ

楽しかったよ。
もっと行きたいって思える人生の方が幸せだし健康だと思う。
馬鹿にしたりは全然してないんだ、羨ましいんだ。

でも俺はやっぱり仲間じゃないんだ。

これでも夜勤中

この人達は喧嘩を売ってきているわけではなく、ただただ頭が悪いだけだ。

ということに気がついて一瞬楽になったんだけど、その後の絶望ったらないですよね。

そんなことを言っている自称「頭が悪くない私」なのに、彼らと同じ場所にいるんですから。


私立育ちのバカボンが、ロックを好きになったからってドロップアウトの真似ごとをした結果がこれですよ。
見かねた親から「お金は出すから留学したら?」とか言われてね。もう30過ぎてんのに。別に実家も金持ちでもないのに。
しかもそれに乗っかる気になってるっていう。
今こうやって、日勤やった後に臨時で入った夜勤をこなしてるのだって「ある程度まとまった期間頑張って働いた」というストーリーの一環でしかない。

趣味はギターと読書、あとは多少体を動かすくらい。独りが好きだから飲み会も断ります。どうせ辞めるし、なんつって。
本当、悲しいくらい生活に余裕が出来ましたよ。百万円って超大金な気がしてたけど、正社員になって音楽辞めるとすぐ貯まるのね。

嫌な想像しか出来ない。

またやってしまった

気まぐれに無料ブログを作っては消す。
2、3年前にまとめて消した時は、パスワードが分からないどころかメールサービス自体なくなってたりで、とうとうMySpaceのアカウントを一つ消せずに諦めた。
Twitterは面白いけどもっとダラダラ書きたい。
フリック入力にいいかげん慣れたい。
というかいいかげんスマホに慣れたい。

バンドマンを辞めてサラリーマンのコスプレで正社員をやっていると、今までは私を避けていたおっさん共が電車で肘を入れてくる。
因果応報。死んだ妄想。

新しくメアド作って、全く関係ない場所で誰も読まないブログを…とか考えたけれど、だから後で消せなくなるんだ。
でもこっから辿れんなって考えるとあまり酷いことは書けないか。
酷いことは書く事すら躊躇してしまうから私はダメなんだ。